HOME > 特集 > 大阪ステーションシティの賑わいと憩いに満ちた、8つの広場を梅コネスタッフがリポート!

SPECIAL | 梅コネ 特集

vol.3 大阪ステーションシティ開業

大阪ステーションシティの賑わいと憩いに満ちた、8つの広場を梅コネスタッフがリポート!

写真

「梅田コネクト」のサイトでも紹介している大阪・梅田駅周辺の開発プロジェクトのうち、昨年の梅田阪急ビル開業に続いて2011年5月4日にグランドオープンするのがJR大阪駅の「大阪ステーションシティ」です。館内には百貨店「JR大阪三越伊勢丹」「大丸」や専門店「LUCUA」といった一大ショッピングゾーンが誕生しますが、その中でも、今までの梅田になかったもの、それは「一息つける広場」。大阪ステーションシティの中には、デザイナーの水戸岡鋭治氏が監修した8つの素敵な広場が生まれます。 梅コネスタッフが一足お先に大阪ステーションシティに潜入し、広場を訪ね歩いてきました!

MAP

全体MAP

サウスゲートビルとノースゲートビルの中に
アイコン紹介
を共通テーマに、さまざまな特徴を持った個性のある 8つもの広場が存在します!

いよいよオープン前の大阪ステーションシティに潜入!

南ゲート広場

ご紹介


カフェホテルグランヴィア大丸

大阪駅の南の玄関口、またサウスゲートビルディングのシンボル広場として広々とした吹き抜け空間を持つ大空間。
午前中は陽光が差し込み、特に明るい雰囲気に。一角にある「水の時計」は注目の的。水滴で時刻やメッセージが表示されますが、一瞬の出来事なので目を光らせて。エスカレーターで地下街とも直結し、阪神梅田駅や阪神百貨店からのアクセスも良好です。また、2階のデッキにはカフェもあり、店外でお茶を飲むこともできます。

レポートこぼれ話

大阪駅の歴史
Qガラスの庇の上に何か載っているようですが?
よく見ると太陽光発電のパネルがついています。 電力は広場の照明の一部に使用されています。本日の発電量は、ある柱に取り付けられたモニターでチェック!
Q水の時計を見ていたら時刻ではなく、絵が現れましたよ!?
水の時計は時刻のほか、音符や松竹梅など13種類の模様が現れます。5分で一周するそうなので、しばし足を止めてみては!?
Q昔の大阪駅は、どんな感じだったのでしょう?
広場西側の柱には、歴代大阪駅を紹介するパネルが。明治7年に大阪駅が開業してから、この度オープンした駅舎で5代目なんですよ。大阪駅の大改装はアクティ大阪(現サウスゲートビルディング)のできた昭和58年以来、28年ぶりとのこと。
その他、注目スポットが続々オープン!
  • LUCUA
    LUCUA

    洋服・雑貨・コスメなど、198店舗が勢ぞろい。魅力的で洗練されたファッションビル。

    公式サイト
  • JR伊勢丹三越
    JR伊勢丹三越

    伊勢丹と三越がコラボレート。新たな百貨店が、大阪駅に誕生します。

    公式サイト
  • 大阪ステーションシテイxシネマ
    大阪ステーションシテイxシネマ

    明るく、開放感のある、くつろげるロビー。12スクリーン、関西最大級のシネコンがオープン。

    公式サイト