HOME > 特集 > 大阪ステーションシティの賑わいと憩いに満ちた、8つの広場を梅コネスタッフがリポート!

SPECIAL | 梅コネ 特集

vol.3 大阪ステーションシティ開業

大阪ステーションシティの賑わいと憩いに満ちた、8つの広場を梅コネスタッフがリポート!

写真

「梅田コネクト」のサイトでも紹介している大阪・梅田駅周辺の開発プロジェクトのうち、昨年の梅田阪急ビル開業に続いて2011年5月4日にグランドオープンするのがJR大阪駅の「大阪ステーションシティ」です。館内には百貨店「JR大阪三越伊勢丹」「大丸」や専門店「LUCUA」といった一大ショッピングゾーンが誕生しますが、その中でも、今までの梅田になかったもの、それは「一息つける広場」。大阪ステーションシティの中には、デザイナーの水戸岡鋭治氏が監修した8つの素敵な広場が生まれます。 梅コネスタッフが一足お先に大阪ステーションシティに潜入し、広場を訪ね歩いてきました!

MAP

全体MAP

サウスゲートビルとノースゲートビルの中に
アイコン紹介
を共通テーマに、さまざまな特徴を持った個性のある 8つもの広場が存在します!

いよいよオープン前の大阪ステーションシティに潜入!

風の広場

ご紹介


カフェシネマコンプレックスコンビニ
ATM旅行会社キッズルーム

日本庭園を意識した10階の屋上広場と階段でつながるエリア。階下とは全く趣の異なるイングリッシュ・ガーデン風の庭園空間が広がります。彩り豊かなバラの花などの植栽や樹木、そして水辺を広く設けた欧風の広場。ウッドデッキにパラソルやポールを配し、まるでちょっとした公園のよう。11階はサポートフロアとしてコンビニやATM,旅行会社やカフェも入り、高層棟で働くオフィスワーカーの憩いの場ともなります。またキッズルームもあり、休日に小さなお子様を連れて大阪ステーションシティを訪れたパパ・ママも安心です。

レポートこぼれ話

Q.この広場の見所は?
この広場のモチーフは「英国風庭園」。彩り豊かな植栽が立体配置され、水面のゆらめきやせせらぎの音、風に揺れるモニュメントなど、自然を肌で感じることのできるガーデン・パークです。4種の高木の他、20種類の低木、さらにバラが7種類!ビルの柱に設けられた時計はバラで取り囲まれ「バラ時計」になります。花の季節が楽しみですね。
その他、注目スポットが続々オープン!
  • LUCUA
    LUCUA

    洋服・雑貨・コスメなど、198店舗が勢ぞろい。魅力的で洗練されたファッションビル。

    公式サイト
  • JR伊勢丹三越
    JR伊勢丹三越

    伊勢丹と三越がコラボレート。新たな百貨店が、大阪駅に誕生します。

    公式サイト
  • 大阪ステーションシテイxシネマ
    大阪ステーションシテイxシネマ

    明るく、開放感のある、くつろげるロビー。12スクリーン、関西最大級のシネコンがオープン。

    公式サイト