HOME > 梅田地区エリアマネジメント実践連絡会について

ABOUT US | 梅田地区エリアマネジメント実践連絡会について

いままでの梅田。これからの梅田。つくりたい梅田。

組織概要

梅田地区エリアマネジメント実践連絡会とは

西日本旅客鉄道株式会社、阪急電鉄株式会社、阪神電気鉄道株式会社、一般社団法人グランフロント大阪TMOの4社は、2009年11月「梅田地区エリアマネジメント実践連絡会」を発足しました。梅田地区で大規模施設を運営している4社が連携することで、エリア全体の競争力、集客力、地域力を高め、梅田地区の持続的な発展をめざします。
さまざまな側面からのエリアマネジメント活動を先行的・実験的に「実践」していくことで、梅田地区の更なる魅力の向上を図っていきます。

梅田地区エリアマネジメント実践連絡会メンバー

↑ページTOPに戻る

活動エリア

map

↑ページTOPに戻る

活動コンセプト

活動コンセプトは、梅田地区の「まちの質」を高めていくための骨太の行動指針です。
梅田のまちづくりに関わるすべての人々が明確なコンセプトを共有し、一体となったまちづくりを行うことで、梅田地区全体の魅力と集客力を向上させ、持続的なまちの発展を支えます。

↑ページTOPに戻る

これまでの活動

活動報告

「梅田地区エリアマネジメント実践連絡会」の取り組みについて、年度ごとに報告書を取りまとめています。

各取り組みのご紹介

大阪・梅田駅周辺MAPの作成・多言語化

梅田の回遊性向上を図るためエリア全体を網羅する分かりやすいMAPを作成。
地上と地下の表裏両面で構成し、5か国語(日・英・繁・簡・韓)に対応しています。
毎年更新しエリア内施設・インフォメーション等にて配布しています。

日本語/English/簡体字/繁体字/한국어

SNS・YouTubeを活用した情報発信

SNS(Facebook・Twitter・Instagram)、YouTubeにて公式アカウント「UMEDA CONNECT」を運営。
梅田エリアの魅力を知ってもらうため、「梅田地区エリアマネジメント実践連絡会」のイベントや取り組み、エリア内の情報を公式アカウントにて発信しています。

地区の風物詩となるエリアマネジメントの実施①
「梅田スノーマンフェスティバル」

2010年度から、「スノーマン」をモチーフに、公共空間等の活用や地域活動団体・商業施設等との連携を通じて、回遊性向上に資するエリアイベントを実施し、梅田地区全体の賑わい創出を目指しています。

地区の風物詩となるエリアマネジメントの実施②
「梅田ゆかた祭」

2012年度から、“ゆかた”という日本が世界に誇る文化と“打ち水”という日本特有のエコ活動をテーマに、行政や民間事業者、地域活動団体と連携し、夏の風物詩となることを目指しています。

防災意識醸成に向けた取り組みの実施
「梅田防災スクラム」

「安心・安全なまち梅田」を目指し、自助力、共助力向上を目的としたネットワークづくり及び情報発信施策の実施などの活動に取り組んでいます。

↑ページTOPに戻る

これからの活動

活動コンセプト詳細

私たちが考えるまちづくり。

歩道にはオープンカフェや広告があり、歩くだけで賑わいを感じる。
広場ではいつもイベントが行われており、街に出るたびにワクワクする。
最近、梅田のまちが魅力的になってきた気がする。

少しでもそう感じてくれる人が増えれば、
それこそが、私たちの活動の成果と言えるかもしれません。
梅田を、日本だけでなく海外から訪れる人にも満足してもらえる
やさしいまちへ。もっと魅力的で、賑わいのある公共空間へ。

私たちはさまざまな活動を通して、
財源の確保も含めた持続的なまちづくりに取り組むことで、
梅田のさらなる価値向上に努めていきます。

私たちが考えるこれからのまちづくり。イメージ

↑ページTOPに戻る

↑ページTOPに戻る